Copyright © 2019 Chonmage Inc. All Rights Reserved.

ちょんまげができるまで(第9章☆リクルート代理店編①)

May 23, 2019

「東京に行きたいやつおるか?」

「僕、東京に行きたいです!」



フリーター、職人上がりの私は
関西から名古屋に進出しました。

当時私は基本的なPC作業もままならず
R4応募時の応募レジュメは必死で
タイピングしたものの、

ブラインドタッチという概念もなく
人差し指でキーボードをカタカタカタカタ。。


そんな人間がリクルート出身者の
中で新しい社会人人生を歩むとなれば
まぁ大変です。

私は必死でPCを触れるところから
それはもう必死でした。


はじめての営業、
はじめてのパソコン、
はじめての名古屋生活、
はじめてのスーツ生活、
はじめての電車通勤、
はじめての日経新聞、
はじめての受注!


そう。。。

はじめて営業で受注したのは、
同期の中で一番最後で入社から
なんと3ヶ月も掛かっていました。


当時R4の同期(営業1期生)は
酒屋のルート配送業出身のDちゃんと
東海地区をメインに店舗展開している
スーパー バローの新卒でひたすら肉を
切っていたYと私の3人。


Yは天性の営業スキルを持っており、
Dちゃんも誰とでも仲良くなれるスキルが
高く、2人とも営業面においては
私のはるか先を走っていたんです。


創業時の営業はそれはもう必死です。


社長、専務、常務、営業、テレアポチーム
全員で、狭いオフィスで
テレアポ大会です。笑



「R4の代表のHと申します。・・・」

「あら、社長さん自ら申し訳ないですねぇ。。」



百戦錬磨のリクルートの営業マンだった
社長が私たちと背中合わせでド新規の
テレアポするんですよ!

なんて泥臭い世界。。。




こんな感じで私の営業マン生活は
始まりました。




話は戻しますが、私の初受注は
パナソニック系列子会社の会社で
農業用機械を製造しているメーカー様でした。


東海地区は日本一のトヨタ自動車が
本社を構える地域です。

アイシン精機、デンソーを筆頭に
製鉄、鉄鋼、各種様々なモノづくり企業が
乱立し、しのぎを削っています。


私もよく工場地帯に飛び込みしたり、
タウンページをリストアップし
テレアポしたりしていました。


初受注の会社はそんなメーカーの
1社でした。


当時の受注額は47万円。
決して大きな額ではなかったのですが、

めちゃくちゃ嬉しかったとともに、
同期の中で出遅れていた私は、
少し安堵感を感じていました。


営業って、本当に大変な仕事です。。。


今ではだいぶ分かりますが、

商品を案内するのではなく、
お客様の願望を叶えたり、
不安を悩み、フラストレーション、痛み
などを払拭するのが営業マンの役割です。

その対価としてお金をもらいます。




職人上がりでビジネス知識が
ほとんどない私に、R4の先輩方は
よくもまあ親身になって
指導してくださいました。


メール文面、企画書は赤入れだらけ、
ロールプレイではビシバシフィードバック、
原稿発注の仕方、パートナーとの付き合い方
などなど、、


叱られては、自分なりに改善して、
時には泣きながら、それなりに努力しました。



同期ほどの営業センスはなかったのですが、
時には代理店表彰式でクオーター新規獲得数
で表彰されたりもしました。


そう、私の強みは強みは、

諦めの悪さと、
蛇のようにしつこい執着力、


だったんですよね。


誰よりも新規営業していたと思います。


というか、、、

好奇心旺盛は私は、様々は社長やお客様に
出会えるのが楽しかったんだと思います。


時には、

リクルートとの取引が7年間止まっていた
超精密研磨材世界シェア90%を誇る会社との
取引を足繁く通って再開したり。

一般的な営業マンが狙わないニッチなところを
ひたすらしつこくアプローチしていました。



そして、、、

全一丸となって営業活動、顧客の課題解決を
行なっていたR4は創業期から倍々で
どんどん成長していきました。


それに伴い、
私にも後輩ができリーダー、マネージャー
へとなんとか昇格を果たし、名古屋での
日々はあっという間に過ぎていきました。



そんなある日、、、


H社長が、

「そろそろうちも東京に進出したいと思っとる。
誰か東京に行きたいやつ、おるか??」




ビッグチャンス!が来たと思いました。



当時名古屋での営業や生活に
少し物足りなさを感じ始めていた私は、


「はい!僕、東京に行きたいです!」


と、いの一番に手を挙げていました。



そうして、、、

2007年、私は「大都会 東京」
に進出することになったのです。




次回は、、

東京で孤独を感じ、刺激を受けまくる

ちょんまげができるまで(第10章☆リクルート代理店編②)

をお届けします!


引き続き、お読みいただけると嬉しいです^^;

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

株式会社ちょんまげの石上です。

ちょんまげという会社を
設立してからというもの

名刺交換をするたびに、

「なんでちょんまげっていう
 会社名なんですか?!」


と聞かれることが多いので、

これから数回に亘って、
ちょんまげができるまでの
ストーリーをお話しできればと思います。

私、石上のことを知っていただく機会...

ちょんまげができるまで(予告編)

May 23, 2019

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Instagram Social Icon