Copyright © 2019 Chonmage Inc. All Rights Reserved.

ちょんまげができるまで(第8章☆再びフリーター編)

May 23, 2019

「誰よりも頑張ります!
努力で乗り越えます!」



職人世界を卒業した私は、
半年間くらい真剣に考えました。


次の人生どう歩むべきか?を。


その当時、
大学に進学していた友人達は社会人となり、
私が知らない世界を歩んでいました。


同世代の友人にも色々と相談しました。


そんなある日、、、

営業という仕事に興味が湧き、
色々調べていたところ、

「営業やるなら、リクルートが力つくよ!」
という情報を得て、

リクルートの「CV職」という
契約社員制度があることを知りました。


そして、、

リクルート大阪事業所の説明会に行きました。

「なんだ、結局使い捨てかよ。。」


CV職は3年間で成果を出せば
正社員に昇格できるというものでしたが、

正社員は大卒以上じゃないと採用しないという
リクルートの方針には反します。


結局、高卒の私はリクルートの社員には
一生なれないだろうと思い、早々に諦め、
違う手段を探しました。



そんな時出会ったのが、、、


「リクルートを辞めて創業しました。
営業1期生メンバーを募集しています。」



というリクナビNEXTの求人広告でした。


「これだ!!!」


それが、、、

後の私の修行の場となる、

リクルート出身者4人が設立した
「株式会社R4」という会社だったのです。


R4は名古屋に設立された会社で、
当時、私は芦屋の実家に戻っていました。


名古屋、面白そう!
そして、リクルートの営業が学べる!!!


尋常じゃないほど熱〜いレジュメを書き、
見事面接にこじつけました。


(当時のレジュメのコピーを残してあるので、
興味ある方は、今度こっそりお見せしますね(笑))



1度目の面接。


さすがに、、、

リクルートを新卒から20年近く勤め上げてきた
R4の社長はものすごい重圧感とオーラを放っていました。


「こんな人会ったことない!」


という好奇心、驚き、そして緊張。


結果、、、


ほぼ自分から話することができず
面接は終わりました。。。



惨敗です。

自分でも情けなく思いました。


しばらく職人世界の小さなコミュニティに
所属していた自分にとっては、

世界企業を相手に交渉を続けてきた
ビジネスエリートと対峙することで

もうね、、、
「蛇に睨まれた蛙」状態なんです。


そんな恐怖味わったことありますか?笑



そして、、、

見るに見かねてか、私がわざわざ
関西から名古屋まで面接の来たことへの同情か、
何が働いたかはわからないのですが、

「昼でも食って帰るか?」

と、H社長はガクガク震えている私を
食事に誘ってくださったのです。


でけーーー!

これが器のデカイ人間というものか!


という感動に、心が震えたのを、
今でもあの日のように思い出します。



そして奇跡が起こりました。


神戸三宮 北野坂の北向地蔵尊に
「R4に受かれば何でもしますので、
本当にお願いします!」と

無茶なお願いをしたからかどうかは、
わかりませんが、、、


なんと、、

二次面接の案内が来たんですよね!



もう、、、

この世は天国かというくらいに舞い上がり、
次こそはリベンジ(ちゃんと思いを伝えてやる)!
という気持ちで二次面接に挑みました。


二次面接も強敵です。


「獅子の子落とし」を見事に体現し、
後に私を崖から突き落としまくる
常務取締役(当時)のNさんが
面接の担当でした。


Nさんは大手家電メーカーS社から
リクルートに転職したそうです。

後に「岐阜にNあり!」とまでに
言われるようになったNさんも、
H社長に劣らず迫力があります。

「こんな人も会ったことない!」(再び)



Nさんは女性の取締役ですが、
東海地区の中小零細企業の

様々な社長達の課題解決をしてきた実績が買われ、
R4の常務取締役に就任していました。


多くの修羅場をくぐってきた
Nさんもまた「目が違います」。

なんというか全て見透かされているような
感覚を覚え、やはりまたNさんとの面接も
大変緊張しました。


名古屋のR4のそばにあった
地下1Fの暗ーい喫茶店で
Nさんとの面接は始まりました。


「なんで、R4を受けたの?」

「将来どうなっていきたいの?」

「石上君は何ができる?お客様にどう貢献できる?」



それらの質問に、論理よりも情熱で
もう一生懸命答えました。




そして、、、


「誰よりも死ぬ気で頑張ります!
努力で乗り越えます!!!!」



この言葉がNさんの胸に刺さったのか
どうかは分かりませんが、


面接1週間後くらいに内定連絡をもらい、

私の第二の社会人人生が
始まることとなったのです。



次回は、、

リクルートの一時代を築いた泥臭〜い営業を学ぶ

ちょんまげができるまで(第9章☆リクルート代理店編)

をお届けします!


引き続き、お読みいただけると嬉しいです^^;

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

株式会社ちょんまげの石上です。

ちょんまげという会社を
設立してからというもの

名刺交換をするたびに、

「なんでちょんまげっていう
 会社名なんですか?!」


と聞かれることが多いので、

これから数回に亘って、
ちょんまげができるまでの
ストーリーをお話しできればと思います。

私、石上のことを知っていただく機会...

ちょんまげができるまで(予告編)

May 23, 2019

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Instagram Social Icon